2004年10月30日

犬が救急電話、飼い主救う

泣・・・感動!

この記事読んだときにジーンとして涙してしまいましたがく〜(落胆した顔)ぴかぴか(新しい)

【ロサンゼルス29日共同】米CNNテレビは29日、米西海岸ワシントン州リッチランドで今年9月、急病で倒れた女性(45)の飼い犬が911番(日本の119番)に電話し、救急隊員を呼んで飼い主を救っていたことが分かったと報じた。
 “離れ業”を演じたのは、4歳の大型犬で名前は「フェイス」。肝臓病が持病の飼い主、リーナ・ビーズリーさんのための看護訓練を受けていた。9月7日夜、自宅で突然、気を失ったビーズリーさんの異変を察したフェイスは、電話機の911の短縮ダイヤルを鼻で押し、受話器に向かいほえ続けたという。
 911の担当者は、フェイスの様子から何らかの異常事態が起きたと判断し救急隊員を派遣、隊員がビーズリーさんを発見し病院に搬送した。ビーズリーさんは、その後容体が回復した。
(共同通信) - 10月30日11時44分

飼い犬が飼い主の危機を救ったということではなく
家族が家族のために出来ることを
精一杯したんだということ

信頼しあえる家族
いいです!
posted by シャンヂョン | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。