2005年01月29日

『四月物語』

不安と期待は頑張る力
 『四月物語』

 監督:岩井俊二
 出演:松たか子、田辺誠一など



松たか子が扮する18歳の卯月が上京してきた日に、部屋の畳でごろんと横になるシーンは、いつも私を18歳の頃に連れ戻します。自分で決めて何でもできるという期待と自信、何もかも自分でやっていかなきゃいけないという不安が入り混じったあの日のことを鮮明に思い出すのです。

何かの始まりに不安を抱いている時、元気を失くしかけている時、観たくなる映画。

好きな作品です。
posted by シャンヂョン | 群馬 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。