2005年08月30日

尽きない願い

TBSドラマ『広島・昭和20年8月6日』を見ました。

人間はなんと愚かなんだろう。そしてなんと学習しない生き物なのか。

涙するだけじゃいけない。伝えていかなきゃいけない。そう強く思いました。

戦争をまったく経験していない私。どこか遠い存在に感じてしまっているのも事実です。小さい頃から祖父母にいっぱい話を聞かせてもらって、「はだしのゲン」「蛍の墓」「黒い雨」などにふれ、それでも実際に経験していないから、その悲惨さを解りきっていない。実際に広島の原爆ドーム・平和記念公園・原爆資料館もこの目で見ました。しかし、戦争の経験は無い。これがいかに幸せなことか。

強く生きたいと願う気持ちを嘲笑うかのように一瞬で無へと変えた原爆。

憎しみは止め処ありません。しかし、憎しみの連鎖が生むものは残酷で醜いだけのもの。こんなものを伝えてはならない。決して伝えてはならない。

広島と長崎に原爆が投下されてから60年。現在、世界中には約3万発の核兵器が存在すると言われています。この核兵器がすべて無くなった時、広島の平和記念公園の火は消えます。これの火が消える時が必ず訪れると信じているからこそ、火は燃えている。あの火を見ていると、そう感じるのです。

私の祖父が子供の頃、近くの街に焼夷弾が落されるのを屋根の上から見ていた事があったそうです。その時の様子を「赤く光った焼夷弾がいくつも街に落ちてね。まるで花火のようで綺麗だったんだよ。」と話してくれたことがありました。しかし、その言葉にはとても重いそして深い悲しみが感じられ、言いようの無い寒気を感じ、いまでもはっきりと心に残っています。

私が子供に戦争の怖さ・悲惨さ・絶対に繰り返してはいけないものだと言うことをうまく伝えられるのか、不安があります。でも、伝えなくてはいけない。伝えなきゃいけないこと自体、悲しいことです。でも伝えなきゃ。

そして、「二度と繰り返しませぬから」の言葉は本当なのか、自分に問いかけ続けなくてはいけない。

自分が今、流した涙が本当のものなら、問いかけ続けなきゃいけない。そう強く感じました。


是非多くの方に読んでいただきたい本があります。

戦争のつくりかた 『戦争のつくりかた』

 りぼん・ぷろじぇくと




戦争のつくりかたp.31そしてこの本の31ページの言葉を大切にしたいと思いました。 






posted by シャンヂョン | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6367703
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。