2005年06月23日

信じられないょ

半年でも思い出がいっぱい 今学期の授業及び
 テストが全て終了。

 錯覚とは分っているけど・・・

 明日もまだ授業が
 あるような感じ。

 まだまだここに居たい。

 
テストが終了して、みんな教室から出るんだけど、なんだか腰が重い・・・
次のクラスのテストが始まるってのに。

みんなして「本当に終わっちゃったの?なんだか信じられないよ・・・」と。




テスト開始直前まで、最後のクラス会の打ち合わせでした♪

テストよりもみんなと一緒に居ることの方が大切って、みんな思っているってことですね!!

「最後のクラス会どうする?」

「昼間ってのはどう?」

「昼間じゃつまらないょ!やっぱり夜でしょ!夜♪晩会☆」




終わって、最後には教室を追い出されるように出て、校舎の前で写真を撮ったり、クラス会の話を詰めたり、何だかんだとダラダラとその場から動けず。

動きたくないんですね。

暑い・・・ってのも理由の一つにありましたが^^;




「シャンチョ〜ン!次の学期も、ここに居ようよ〜♪」

うん・・・そうしたぃんだょ〜。本当に。

でも・・・ね。

仕方が無いんだ・・・ごめんね。


「次の学期」  凄く心に響きます。


ここ1ヶ月
友達と遊んだり、テスト勉強したりと、
別のことに目を無理やり向けることで
沈み込んでしまう心を何とか支えてた。


ウチのクラスはほとんどが女の子。

男子は全部で5人。

普段の授業には大体3人程度しか来ていませんでした。

クラスに男1人ということもしばしば。

だから、男子の考えを聞かせてという質問は確実にやってきます。
下手な発言は大変なことにも成りかねない状況だったわけです。
ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

そんな状況でもみんなは
「へー そっかー なるほどねー」
と寛大に受け入れてくれたので助かったのでした。
(´▽`) ホッ。

料理の話題になった時は、みんな驚いてくれた!!

最近の情勢はどこの国でも一緒なんだねー
≧(´▽`)≦アハハハ

「男たるもの料理も出来なくてはいけない!!」

頑張ります・・・




異国の地で、同じものを学び、一緒に悩んだり、一緒に笑ったり。中国の信じられない事にも一緒にビックリした。だからこそ半年という短い期間でもこんなにも仲良くなれた。


みんなで歩いていた寮への帰り道、
おじさんから「16号楼はどこ?」と聞かれました。

「16号楼?ん〜・・・知ってる?」

「16?ん〜こっちのような・・・知ってる?」

「16かい?ん〜多分こっち。」

「多分こっちの方にあると思いますけど、あまり詳しくないんで・・・すみません」


今学期中、結局最後までみんなして大学内のことがよく分かっていなかった
(´▽`;)





先生の言葉
「楽極生悲」(ラー ジー ション ベイ)
(喜び極まりて悲しみとなる)


最後の晩会。泣かないようにします・・・
posted by シャンヂョン | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国生活日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。