2004年08月09日

大切、忘れられない

一ヶ月前から本読み始めて、やっと読みきった^^;

何気ない言葉にも愛がある『いま、会いにゆきます』

 市川 拓司(著)

 小学館




ほんとに感動
セカチュウに続く感動作っていうふれこみは本当というか、それ以上exclamation×2
奥さんを亡くした男性とその息子のかわいらしい、でも切ない、そんな日常。
亡くなった奥さんに、再び初恋する。
その気持ちにほのぼのできます!
読んでみないと、どれ位感動してるか伝わりにくいので、ぜひ読んでみて!

本当なら2・3日で読みきる予定が・・・
他の事に時間を取られて、だらだらと延ばしてしまったわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)






奥さんの「澪」を亡くした「ぼく」と、その6歳の息子「祐司」は毎週末に町はずれの森に出かける。「澪」の死ぬ前の言葉を信じ続ける「ぼく」。素直な明るい子に育った「祐司」。
二人で暮らしていたある日、いつもの森に突然姿を現した「澪」。しかし、記憶を失っていた。「澪」に出会うことが出来た「ぼく」と「祐司」は・・・・


次は、何を読もうかなぁ。
posted by シャンヂョン | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。