2005年05月09日

『ホテル・ルワンダ』DVD

『HOTEL RWANDA』

目を向けてないだけじゃないですか?

監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、ニック・ノルティ、ジャン・レノ、など

公式HP(海外)



ルワンダで1994年に実際に起きた大虐殺に基づいた
ドキュメンタリー映画「ホテル・ルワンダ」を観ました。
この映画は、沢山の方に観て頂きたい映画です!!

私はルワンダの大量虐殺の実体については、
94年以降の報道や民族問題の授業などで
少し知っていたという程度でした。
なので、この映画を観るにあたって
予備知識を入れておかねばいけないと感じ
ルワンダのことについて調べ始めたのですが
そのあまりの悲惨さに胸が痛くなり
体中に鳥肌が立つほどでした。

ルワンダの大量虐殺について、
大場正明さんがHPでとても分かりやすく説明してくださっているので参考にされるといいと思います。→ルワンダの大量虐殺

映画「ホテル・ルワンダ」
とてつも無い無力感と悲しみに襲われ、
それと同時に
生きる希望・感動にも出会えるというものでした。

「観てよかった」と心から思えました!
エンドクレジットでドッと涙があふれます。

マイノリティー・マジョリティー 
この2つの言葉がいつにもまして、
ザクリと心に突き刺さる感じに襲われました。
私は今ここ中国にいて、
マイノリティーであることを強く感じていたからかもしれません。

フツ族ツチ族
見た目もほとんど違わず、
長年同じ土地に暮らしてきた
2つの民族の過激派によるいがみ合い。

その合間で、どちらも助けたいと揺れる主人公の心。
自分がもし、このような状況に置かれたら
どんな風に行動できるのだろうか・・・

映画の中でも描かれていますが、この紛争に関して世界の関心の薄さが、3ヶ月で100万人とも言われる結果を招いたことに深い悲しみに陥りました。

最後までUNがルワンダに残り、
人々を助けようと必死になっても、
虐殺を止めることができなかった。

このUNの隊長にニック・ノルティが扮していますが、
その演技も素晴らしいものでした。
目の前で起こる事態に為すすべがなく、
激しい憤りと自己嫌悪に陥る。
じわじわと観ているものに伝わってくるようでした。

現在も世界中で民族紛争・内戦が絶えません。
こうした状況に自分が何ができるのかと言ったら、
すぐに止められるような事は何もできないんですよね。

だからと言って、何もしないのも悲しいし。
でもでも、声をあげてもスグには止められない。
罪悪感すら覚えたり。

何かあるはずだと思いつつ。
さらには、偽善者面もしたくない。

じゃ、どうすればいいの?

今は考えるしかできない。
そんな状態で頭の中はグルグル。

この映画はまだ日本で公開されていないようなので、
日本公開がされたら是非是非観て下さい!

予備知識が無い状態でも、
ルワンダでいったい何があったのか。
そこに生きている人々がどんな状況にあったのか。
世界中の人に知ってもらうのにとても素晴らしい映画だと思います!


*追記*

ブログ内の『ホテル・ルワンダ』関連記事
観て欲しい映画
I support this.
posted by シャンヂョン | Comment(2) | TrackBack(10) | 映画
この記事へのコメント
こんにちわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です!TB&コメントありがとうございました!
早くこの作品がたくさんの人に観てもらえるようになればいいなと思っています。
なんで日本での公開が危ぶまれていたんですかね?興行収入が見込めないという判断ですかね?うーん・・・。
Posted by 睦月 at 2006年01月16日 18:54
>睦月さん
こちらこそありがとうございました。
当初は興行収入に不安があったという事らしいですね。詳しい事実は明らかになっていないようですが・・・
Posted by シャンヂョン at 2006年01月17日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3529880

ホテル・ルワンダ。
Excerpt: 実は昨日、『キングダム・オブ・ヘブン』ともう一本、『バタフライ・エフェクト』という映画も観るつもりでした。 Tジョイ久留米のサービスカードが六ポイントたまって、無料で一本鑑賞できるとのことだったので利..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2005-05-15 20:28

ルワンダ
Excerpt: ルワンダルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、アフリカ中央部の内陸国。コンゴ民主共和国、ウガンダ、タンザニア、ブルンジと国境を接する。首都はキガリ。ルワンダ共和国Republika ..
Weblog: 国-ACCESS
Tracked: 2005-07-04 22:36

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 期待値:95%  歴史にもとずいた作品。 日本での公開はされない予定だったんだけど、署名活動によって
Weblog: 週末に!この映画!
Tracked: 2006-01-12 00:49

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  とにかく観てください。
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-01-15 02:17

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 映画ファンの署名活動が実って、日本での劇場公開が決定したという話題の映画作品です。 かなり政治色の強い内容になっている作品だけれども、各地の映画祭などで賞を取ったため、権利が高騰し、配給会社が買..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-01-17 10:38

『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆
Excerpt: 『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-02-19 09:05

分断支配の悲劇「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:  話題沸騰(まだ中かな)だった「ホテル・ルワンダ」をようやく観ることができた。アフリカを舞台にした民族対立、大量虐殺がテーマという映画は極めて珍しい。最初は東京、大阪でしか上映しておらず、京都では難し..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-03-10 00:11

ホテル・ルワンダを観て
Excerpt: 映画「ホテル ルワンダ」を観ました。 100万人以上が殺されたというルワンダ大虐殺。 今からたった12年前の話です。 私が中学1年生の時、同じ地球のアフリカ・ルワンダでこんな悲劇が起こってい..
Weblog: 政治家への道☆イギリス留学、平和学、京都、中京区、2007年4月
Tracked: 2006-03-18 03:44

「ホテル・ルワンダ」無力感を持って暖かい家に帰ろう
Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」★★★★ ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ主演 テリー・ジョージ監督、2004年アメリカ ルワンダの内戦 そこでは想像を絶する行為が 行われてい..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-01 08:38

ホテル・ルワンダ DVD
Excerpt: 1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、 欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、 1200人もの命を救った実在する1人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化した感動作。 「父..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-06-28 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。