2005年04月21日

『The Phantom of The Opera』DVD

『オペラ座の怪人』('04)

仮面に隠された執念

日本では05年1月から公開していましたが、見逃してしまったので・・・

製作:アンドリュー・ロイド=ウェバー
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、など

「キャッツ」や「エビータ」などのミュージカルで名高いアンドリューの最高傑作といわれるミュージカル「オペラ座の怪人」の完全映画化。

原作も読んだし、突っ込みどころ満載の過去の『オペラ座の怪人』(1925年版と1962年版と1998年版)も観ているので、ちょっとワクワクしながら観ました!
(どこで突っ込もうかなぁ〜と・・・)
冒頭部分、1919年のオペラ座の廃墟から1870年代のオペラ座へワープしていくシーンで既に鳥肌が立ちました!!

 けど・・・

「オペラ座の怪人」の本題部分に入っていくと、やっぱり?話が原作とちょっと違うんですよね。
でも、
今回はこの設定が好きです!!
なんたって、とにかく豪華絢爛☆音楽が活き活きとしてる!突っ込みどころは確かに満載ですが、そこを言ったらおしまいなので^^;
とっても感動できて楽しめました!!
このミュージカルの映画化は大成功です!

地下水路をファントムとクリスティーヌが舟にのって渡るシーン大晦日の仮面舞踏会のシーン(マスカレード)がお気に入りです♪

まだ観ていない人は是非!!観てみてください!




あ、でもやっぱり、一つ突っ込みたい!
フランスはパリのオペラ座のはず。でも・・・登場人物の何人かがイタリア訛の英語って^^;
ん?まてよ?「ドン・ジョバンニ」だったからそれの方がいいのか。
あとは、
冒頭のオークションのシーン。マダム・ジリーとラウルの見た感じはおかしいでしょうよ。マダムは不老長寿のお呪いでもされているんでしょうか。。。
posted by シャンヂョン | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。