2005年04月21日

『The Shawshank Redemption』

『ショーシャンクの空に』

石は好きかい?


監督:フランク・ダラボン
出演:ティム・ロビンス(アンディー・デュフレーン)、モーガン・フリーマン(エリス・ボイド・レディング)、ボブ・ガントン(サミュエル・ノートン)、ウィリアム・サドラー(ヘイウッド)、クランシー・ブラウン(バイロン・ハドレー)、ギル・ベロウズ(トミー・ウィリアムス)、ジェームズ・ホイットモア(ブルックス・ハトレン)

イントロダクション:
1949年、妻とその浮気相手を殺害した罪で終身刑の判決を言い渡されたアンディーはショーシャンク刑務所に収監される。物静かなたたずまいを見せるアンディーだったが、元銀行員の知識と不屈の精神によって、尊厳を取り戻し、そして自らの運命の切り開いていく…。

もう10年以上も前の作品ですが、観る回数を重ねるたびに面白さと元気をもらえる映画です。
希望、それが大きなテーマですね。アンディーがみんなに語りかけ、レッドが反対意見を言うシーンがいつも心に残ります。
希望    何なんでしょうね。
希望を捨てず、必死に追いかければ手に入れられるものだ。
希望は、持てばいつか必ず絶望も背負い込む。持たなければ絶望も生まれない。
希望は絶望するためにあるのか、生きるためにあるのか。
グルグル考え出してしまうんですが、この映画では希望は叶うもの!捨てずに明日を信じること!それを強く感じさせてくれる映画です。
落ち着いていながらも爽快感がある後半部分は大好きです!!

今回、DVDではなく、大学の学内LANで観ました!

すごい!
さすが中国!(著作権無視かい?)
さすが北京一デカイ大学!(でかすぎるだろ?)
posted by シャンヂョン | 北京 | Comment(4) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
モダチョキさんとこからやってまいりました。

「シャン」は上?香り?「チョン」は中?
なんて思いながらクリックしたら、私の好きな映画が載ってました。
この映画、最後にはスカッとしました。

中国へ留学中ですか?では今は大変なのでは?
Posted by チョコ at 2005年04月23日 09:46
>チョコさん
初めまして☆モダチョキさんの所からですか!!
御出でいただき、ありがとうございます!

中国語わかるんですね♪
おしいっ。
「シャン」は山なんです。
「チョン」はチョコさんの当たり!

>>この映画、最後にはスカッとしました。
ほんとですよね!私も最後にスカッとして、元気になって観終れます☆

中国では、周りが大変なことになっているんですけど、毎日楽しく暮らしていますよ。一段と注意が必要なのが悲しいんですけど・・・
ご心配頂き、ありがとうございます。
Posted by シャンチョン at 2005年04月23日 12:33
公開からちょうど10周年ですね。今見ても改めて感動します。
ボクの中ではいつまでも心に残る明細ですね。
こちらにTBさせて頂きますね。よろしかったらボクのブログにもTB&評価のコメントお待ちしてます。
Posted by かんすけ(シアフレ.blog) at 2005年05月31日 10:44
>かんすけさん
TB&コメントありがとうございます。

こちらからもTBさせていただきます。
Posted by シャンチョン at 2005年06月07日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ショーシャンクの空に
Excerpt: ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。 僕が大好きな映画の一本です。 誰しもが絶望し生きる希望をもなくすような状況下で、無実を主張し長い年月を経ても尚、決し..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2005-05-31 10:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。