2004年07月05日

WIMBLEDON

WIMBLEDON
男子シングルス決勝は、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が、第2シードのアンディ・ロディック(米国)を4―6、7―5、7―6、6―4で下し、2連覇を達成。
1968年のオープン化以降、男子シングルスの2連覇は、97年から4連覇したピート・サンプラス(米国)以来7人目。

ここ数年は、テニスをしっかりチェックしていなかったので、アンディ・ロディックがどんな選手なのかよくわからないまま
今年のウィンブルドンが終わってしまった・・・

まぁ、フェデラーが優勝してるし、
よかったよかった◎
女子ではロシアのマリア・シャラポワが
セレナ・ウィリアムズを破って優勝したし、
新しい流れが出てきて、よいよい。
posted by シャンヂョン | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/270122
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。