2005年03月28日

強風につき

あぁ、やらかしてしまった・・・

完璧な寝坊をやらかしてしまいました。
授業を丸々手(パー)です
がく〜(落胆した顔)

昨夜寝るのが遅すぎた私が悪いんですが。

土曜日も寝たのは朝5時・・・爆弾
組長たちとこんな時間までグダグダしてしまいました。
起きたのは10時ころ。
(組長と言うのは適当に名付けられた輩です)

日曜日には引き受けたお仕事があるにもかかわらずですふらふら
そのため日曜(昨日)は4時まで起きていました。

ある方に頼まれて
翻訳?とまではいきませんが、
ある文章を3通りの日本語に置き換える
という作業をしていました。
その文章の数は、200ちょっとあせあせ(飛び散る汗)

寮に帰ってきてから、
早速取り掛かればよかったんですが
なにせ眠気に逆らえずに、ウトウト眠い(睡眠)

気付けば夕方。

慌てて取り掛かるも、これまた時間がかかるんです。同じ意味の日本語を3通り考えればいいんですが、なかなか良い日本語が思い浮かばない箇所が出てくるんです。

そのため、気付けば深夜夜

提出期限は月曜日(今日)のお昼。

もぅ焦りましたダッシュ(走り出すさま)
と同時に自己嫌悪。
何で寝てしまったんだ!
何で昼間のうちに取り掛かっておかなかったんだ!

大学のレポートの時にも
毎回同じ失敗を繰り返し、毎回焦って。

ダメですねバッド(下向き矢印)

で、この作業をしていて
再び日本語の便利さを感じました。

英語や中国語などは、主語・述語・目的語などなど。いくらかの自由度はあるにしても、語順などの規則に縛られていますよね。

でも、日本語を考えてみてください。
日本語にも主語・述語・目的語などの文法項目はあるにせよこれらの語順は自由に置き換えても大丈夫ですよね。まぁ、文法的に間違いがあるにせよ、確実に通じますし。

こんな当たり前の事を今更ながらに感じて、作業を進めていくうちに、徐々に慣れて、文章を読んで、すぐに複数の語順、複数の単語が出るようになってきました。

キーボードを叩くスピードが快調快調るんるん

そこに達するのにかなりの時間を要してしまいましたが(-"-;)

なんとか仕上げて、送信mail to
その後は爆睡です(笑)
(日本語の使い方おかしいかもなぁ)


次に意識を取り戻した時には、既に遅しというわけでした。
(真面目に勉強せぃ!!)

半年後には、社会人になるための活動が本格化します。それなのにこんな状態では・・・ 就職すれば自分の責任だけで済まされなくなるということも重々承知です。帰属意識が強いというわけではないのですが。

この事に関しては、賛否両論ですね。
会社を個人のスキルアップの一段階と捉えるか。
過去の終身雇用制時代のように、人生の重要部分と捉えるか。

私は、どちらかといえば前者の考え方です。
しかし、「会社は単なる通過点にすぎない」「自分のスキルアップのためにある」等と考えるのは好きではありません。例えば転職をしたとして、結果的に見れば自分の通過点で、スキルアップの一部分であったとしても、自分が一度は所属した集団です。その集団を軽く見放したり、割り切ったりということが苦手です。どうなんでしょう。やっぱり集団への帰属意識が強いのかなぁ。でも、自分のスキルを活かせない・もっと向上する手段がある、ということで、今までの集団でも学ばせてもらった、いいことが出来たと思えたのなら、先へ進んで行くのはとても良い事だと思います。

矛盾しているし、単に正論しか持っていないのかも・・・

まだまだ、考えが浅いですね。

まぁ、とにかく!
次のお仕事をもらったら、余裕を持って仕上げます。

授業を休む言い訳になりませんもんねもうやだ〜(悲しい顔)

でも、この強風で、授業サボったやつもおるかも(笑)
posted by シャンヂョン | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国生活日記
この記事へのコメント
北京での生活にも、いい意味でも悪い意味でも慣れてきたようですね(笑)

ちなみにkyoちゃんの就職観ですが・・俺も完全に前者。しかも通過点としか捉えないタイプです、きっと。高高みたいな企業だったら帰属意識が強まると思うけど(笑)
Posted by 光栄 at 2005年03月29日 02:20
>光栄くん
良い意味でも悪い意味でも・・・はぃ。
悪い意味で慣れてきてます^^;

高高みたいな企業だったら、かなりの帰属意識強くなりそう!恐ろしいくらいに(笑)
Posted by シャンチョン at 2005年03月30日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2652473
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。