2006年01月31日

二次面接

某SPA企業の二次面接に行って参りました。

 今日も雨。

   前回も雨。

     雨男ですか?


今回は、一次面接よりも喋り易さ感が増していました。

面接官1人 対 学生2人

一次面接がグループ企業の社長と人事担当者を含めた3人の面接官で集団面接だったのに対し、今回は中堅社員の方1人との少数面接。

聞かれた内容も前回とそれほど変わらず、割り当てられた時間もほぼ同じ。

そして、その内容に対しての個別の質問などでした。

◇この面接の終わりで言われた事
「笑顔」 
話しをしているときは笑顔になっているが、話を聞いているなどの時に表情が少し硬い。最初はとてもクールな人物に見えるが、話してみると印象と違って明るい人物だと分かる。これでは勿体無い。常に笑顔でいられるように。

なるほど、話している時は確かに少し楽しかったように感じていましたが、表情にギャップがあってはいけないという事のようですね。TDLのキャスト(社員)の方々を参考にすると良さそうですね。


さらに感じたのは、話しの内容を的確に手短にまとめ、分かりやすく伝えると言うのはやはり、なかなか難しい。

今回も努めて分かりやすくを心掛けたけれども、少々話が膨らみすぎたように感じます。

この自己PRパターンも増やさなければ。
画一的で自分でも少々飽きてきました。


最終面接(役員面接)への通過報告は2週間後だそうです。



それで、面接を一緒に受けた学生がなんと、











○戸外大!
わ!外大つながりだ!

帰り道では互いの就活フィールドや外大ネタなんかを・・・
面接より喋り続けていました!

ほとんど私が中国の事を喋りっぱなしでしたが^^;

明日はセミナー。
人ごみの中をかき分けてきます。
posted by シャンヂョン | Comment(3) | TrackBack(0) | 就活
この記事へのコメント
頑張ってるね。
お疲れ様〜
面接私まだなんだよね。
やっぱり緊張するよね(><)
笑顔も難しい・・・。
聞かれるのって、自己PRとか志望動機が多いのかなあ?
Posted by 教授 at 2006年02月01日 16:17
>教授
お互いにお疲れ様〜
面接でまったく緊張しないのってないよね。
でも回数を重ねるにつれて、慣れが出てくるのは確かだよ。
笑顔は鏡で練習しようって言われて、社員さんが実演してくれた(笑)
聞かれる内容はそうだね。
自己PRとか志望動機が一番多いのかな。
あとはその自己PRの仕方をひねってくる企業もあるかも。
例えば、「あなたを動物に例えて自己PRしてください。」とか。
こんなのはマスコミ色の強い企業なんかだと思うけど・・・
これね、前に東京で受けた模擬面接で聞かれてビビッた!
でも、基本の自己PR内容が出来ていれば、それに無理やりこじ付けて出来るよ。
志望動機も自己PRの一つと考えて、自分と企業がどれだけリンクするかをアピールできれば良さそうだよ。
まだまだ勉強不足ですが、今感じている事でーす。
参考になればいいんだけど・・・
あ、今回の企業の一次面接の細かい内容は「就活」カテゴリの前の方の日記に書いてあるよ。

長くなってごめん。
Posted by シャンヂョン at 2006年02月01日 16:36
いやいや、参考になります。
知らんと知ってるじゃあ、全然違うもんね。
今日ちょっと自己PRかいてみたけど、いまいちだなあ〜
もっともっと練らねば。
Posted by 教授 at 2006年02月01日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12568792
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。