2006年01月27日

生誕250周年

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

生誕地であるオーストリアのザルツブルグではお祭り騒ぎのようですね。

昨日の朝は『めざましテレビ』でも特集を組んでいて、モーツァルトが作曲に相当の努力をしていたと言う事がサラリと語られていましたが、とても驚きました。
映画『アマデウス』のイメージが強いもので・・・
何であんなにサラリとしていたのか。


モーツァルトというと・・・
やっぱりピアノの練習曲としても有名なソナチネ!トルコ行進曲やフィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニなどなど様々な作品が有りますが

私の家ではあまり馴染みじゃない???

まぁこれも母の影響ですかね・・・

馴染みに感じている作品は、
母が好きで弾いている作曲家の作品。

ショパンが特に多かった!

映画『戦場のピアニスト』ではショパン楽曲が全面に出ていて、映画の世界も相まって、鳥肌モンでしたね。

て・・・
話しがモーツァルトから離れたやん・・・


映画『アマデウス』ですが。
これマジで好きな作品の一つです!

子供みたいに天真爛漫な天才モーツァルトと非凡に最も近い凡人で陰湿な宮廷作曲家のサリエリの対照が織り成す心理サスペンスも面白い視点なのですが、何よりもモーツァルト自身の陰と陽が作品に深みを増していると思うのです。

モーツァルトの作品は頭を良くしてくれるってことなので、これから沢山聴くようにします。

最後に
Happy Birthday!!モーツァルト!!
posted by シャンヂョン | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。