2005年12月13日

ロード オブ...

中つ国になれるわけないね。
誰も、んなこたぁ思ってないって?


中国の暗部で蠢く数多くの陰謀
そんな言葉が一番似合うじゃないでしょうか。

本当の中国をこれ一冊で知った気になるのは
危ないけれど、入門書としての価値は高いと思います。

虚構と現実の境界は実は人為的かも 『本当の中国を知っていますか?
  ―農村、エイズ、環境、司法


 山本 秀也 (著)

 草思社


極端な偏見や思い込みも無く
あくまで報道としての
事実追求と取材に徹している。

そして、著者の思い出話しもあったり
苦も無く、楽に読むことができます。

私が特に感心したのは
「エイズ問題」

中国報道機関が決して伝えることは無い事実を
その人脈を活かして取材しており、民衆の声を
目にすることが出来ます。

さらに

地方の切迫した状況を中央に陳情したい
そんな思いを抱いた人々が北京へやってくる。

そうした人々がここ最近は急増しています。

そこへ至るようになった事実も書かれています。

現在、こうした人々が北京へ押し寄せており
「直訴村」と呼ばれる地域も出来ています。

しかし
中国政府は今日(13日)までに
この「直訴村」の解体に乗り出しました。

北京の「直訴村」取り壊し 中国、陳情者ら多数拘束
(共同通信)


地方行政の腐敗ぶりと地域環境の悪化に
耐え忍ぶだけでなく、声を上げること。

しかし、その陳情の裏には
民衆の無知ゆえに引き起こした結果も含まれています。

それを承知の上で陳情に来ている民衆が
どれほどいるのだろうかも疑問に感じずにいられません。


根本的な改善は何年後になるか・・・

実際に目にし、経験した事実を考えると
ため息出ちゃいます・・・


あ、中つ国ってわかるよね?
『指輪物語』を知ってる人はわかるよね?
大阪の中津とは違うよー。
posted by シャンヂョン | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


感情を傷つけているのは、どちらだ!【妻】
Excerpt: 「中国当局は北京の「直訴村」取り壊し、陳情者ら多数拘束したと発表した。陳情者が急増する中、集団化して反政府行動を引き起こすことを懸念、徹底排除の方針を決めたとみられる。」とSankeiWebで報道した..
Weblog: 鬱々夫婦の日記
Tracked: 2005-12-14 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。