2005年11月30日

再読

大学2年生の時に読んで
口述試験でビクビクしながらネタに使ったなぁ。
L先生の顔色うかがいながら切り出したっけ。
(今もD棟なんかな?)

と思いながら
また読み返してみました。

ISBN4106100142 
 『日中ビジネス摩擦』


 青樹 明子 (著)

 新潮新書




何で摩擦が起きるのか。

日本と中国の消費者の意識・常識の違いをおさえて
どう対応していけばいいのか。

実際の日本企業の中国での困難を明るく描いていて
非常にわかりやすい。

日本人からすると
ちょっと理解に苦しむ事件もありました。
正直に言っちゃうとね・・・

でもそれこそ中国。

北京で経験したことを
ふまえて読んでみて
あー、やっぱり!!
と感じること多数。

決して難しくビジネスを語るものではなく
明るくユーモラスな書き方で
中国オシゴト日記?のような感じです。
posted by シャンヂョン | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10021198
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。